賢い住宅購入を実現するバイヤーズエージェントサービス | リニュアル仲介

住宅産業はいま、新築住宅から既存住宅へと、市場構造が変わり始めています。1990年頃のピーク時には160万戸を越える供給がありましたが、現在は80万戸とピーク時の半分です。国の政策もストック活性化のための施策の整備が進み、人口減少などにより「家余り」が予想されるなど、業界は大きな転換期を迎えています。

このような環境のなか、事業者に求められるものも変わってきています。従来は宅建業や建設業等、業態別に求められていた知識や技術が、その枠を超えて消費者に提供することが求められています。かし保険、住宅履歴書、インスペクション、リフォーム費用と住宅購入費の住宅ローンの一本化など、消費者にとって必要な制度や仕組みが、徐々に整えられつつありますが、事業者への認知はまだまだ不十分であり、浸透度は決して高くはありません。

また、不動産業界においても中古住宅流通の際に、中古住宅購入者が安心して中古住宅を購入できる環境にはありません。新築主導で業界が動いていたため、売主のことは良く考えられているのですが、買主のことを考える機会がほとんどないのが実情です。私達は「資産価値が下がりにくい住宅選びの一つの方法」として、「中古住宅購入+リフォーム」を買主様にご提案いたします。また、「住宅購入者に徹底的に寄り添う」バイヤーズエージェントとして、自ら襟を正すと同時に、同様の価値観の不動産事業者・建築事業者等住関連事業者の皆様とともに、健全な中古住宅流通市場の形成に努めます。


代表取締役 西生 建


代表者プロフィール

1988年株式会社リクルートにて住宅情報事業部に所属。1995年三光建設(現三光ソフラン)に所属後、1996年エイム株式会社設立に携わる。2008年5月代表取締役就任。日本木造住宅耐震補強事業者協同組合の設立にも携わり、事務局長を経て、現在理事。エイム社において2009年2月に「リニュアル仲介ネットワーク」を立ち上げ、2011年11月にリニュアル仲介事業を分社化。一般社団法人既存住宅インスペクター教育研究会代表理事。首都圏推進協議会代表。