中古住宅の取引には
建築士による建物インスペクションが不可欠です

建物の経年劣化や耐震性能など、中古住宅を安全に取引するには検討するべき情報がたくさんあります。
しかし、住宅性能に関する情報は難解で、一般の消費者はもちろん、不動産仲介事業者でも適切に判断することは難しいのが実情です。
建物の判断を行うのは建築士の役割です。リニュアル仲介では、中古住宅の取引の際には建築士による建物インスペクションを行うことをお勧めしております。

まずはお気軽にご相談ください

建物の構造やお取り引きの進め方に応じて建物インスペクションの進め方が変わります。
専門スタッフがご案内いたしますので、気になる物件が見つかったらまずはお気軽にご相談ください。

建物インスペクションの相談をする


建物インスペクションとは?

建物インスペクションは住宅に精通した建築士が、住宅の劣化状況、改修すべき箇所やおおよその費用などをチェックする調査のことです。
建物インスペクションを実施することで建物の状況を正確に把握し、安心して取引を進めることができます。

 建築士が調査します

専門の研修などを踏まえて、十分な知識・技術を持った建築士が建物調査を行います。

 建物の劣化調査を行います

既存住宅売買瑕疵保険の検査基準に準じた劣化調査を行います。雨漏れやひび割れ、建物の傾きなどを調査いたします。

 耐震診断

木造戸建ての場合は耐震診断を実施します。(別途費用)平成12年6月に建築基準法が改正されていますので、平成12年5月以前の木造住宅を検討する際には耐震診断の実施を推奨しています。

お客様の声

実際に建物インスペクションサービスをご利用いただいたお客様のインタビューです。
※リニュアル仲介にご登録いただくと、建築士による建物インスペクションが2物件まで無料で受けることができます。
リニュアル仲介登録はコチラから

建物インスペクション相談フォーム

建物インスペクションの相談をご希望の方は下記フォームへ必要事項をご入力の上送信ボタンを押してください。

お客様情報

例:info@rchukai.jp(半角でご入力下さい)※パソコンもしくはスマートフォンのアドレスをご入力ください。

調査家屋情報

郵便番号 都道府県 市区町村 町名番地以下 建物名

相談内容

ご相談内容を選択してください

ご不明な点等ございましたらご入力ください。